他人の脳を借りるイメージ

どうも、脳みそドロボーのリュウセイです。

 

題名の「他人の脳を借りるイメージ」とは、つまり何を言っているのか?

 

これは、僕が成功者の本を読むときや、動画やセミナーを聴くときに意識している考え方である。

 

自分にはまだ無い考え方だったり、欠けている発想だったりを補うような感覚である。

 

成功者と呼ばれる人達は、物事に対してどのように思考するのか。一般の人達と思考の面でどのような違いがあるのか。なぜ成功者は1%だけと言われているのか。

 

成功者が成功を収めたのには必ず理由があるはずであり、決して運だけではない。

 

今の僕は特にこれと言って成功と呼べるような成功がない。小さな成功体験はあっても、大きな成功はないし、なんなら経済的に苦しい貧困層である。

 

もし僕がこれまでの経験の中で成功者が持っているような考え方を持てていたとしたら、今の僕みたいな人生はきっと歩んでいない。

 

歩んでいないということはつまり、貧困になるマインドを持っているということである。これは間違いない。

 

人生はきっとマインド一つで変わるのだと思う。

 

例えば、一流アスリートのマインドは一般人のそれを軽く超越しているよね。まだ小学生なのに、立派な大人のようにインタビューにハキハキと答える姿をテレビで見ると、自分との格の違いを見せつけられる。僕は大人なのに彼らのようには出来ない(笑)。

 

一流アスリートはもちろん技量が優れているのだけれど、何より優れているのは、物事に対する考え方だと思う。つまり、マインドである。

 

普通の人なら諦めてしまうような場面でも、彼ら彼女らは違っていて、違うからこそ成功を収めるのだと思う。

 

一流アスリートや、起業して成功を収めた人達も、やはり優れたマインドを持っている。マインドも大事だけど、当然努力も必要なことは分かっている。いずれにせよ、その両方が備わっていないとダメだと言うこと。

 

僕は、努力は大の得意である。周りと違うことをしているとかそんなのは一切関係なく、やりたいことをひたすらやるタチである。しかし、マインド面で欠点がある…。

 

だからこそ僕は、成功者のマインド(脳)を借りるイメージで本とか読む。自分にはない部分を彼らから補う感覚だ。

 

よく、成功者の本を読んだりセミナーに行ったりしている癖に、現実を変えられていない人達がいる。なぜ彼らは現実を変えることができていないのか?

 

僕が思うに、マインドと努力のバランスが悪いのだと思う。

 

先ほども言ったように、マインドと努力の両方が成功するためには必要である。しかし、例えばマインド9で努力が1みたいな配分はダメだと思っている。

 

何体何なら良いバランスなのかは分からない。なぜなら、その人によって変わると思っているからである。

 

僕の場合だと、努力に大きくバランスが偏っている。マインドの比率の方が少ないのである。

 

どうやら自分の頭では限界があるようである。それならば、他人から脳みそを奪って自分の物にしてしまえばよい。

 

ドラゴンボールの敵キャラには、キャラクターを吸収してパワーアップするやつが結構出てくる。セルとか魔神ブウとか、新しいのだとモロとか。

 

そんな感じのイメージで、自分には足りていない能力を他人から吸収する勢いでこれからも生きていこうと思う。

 

別に宇宙最強とか目指してないけどね…^^;

 

それでは。

 

チャオ(・∀・)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です