遷移語とは?All in One SEOにおける解決方法【スコア採点の基準】

All in One SEOのページ分析で「遷移語」という言葉が出ていた。どうやらこれのせいでスコアの得点が下がっているみたいだ。そもそも遷移語とは?どうやればエラーを解決できるの?

 

All in One SEOはver.4.0.10へのアップデートによって仕様が大きく変わり、ページのスコアが計測されるようになりました。

 

 

記事の編集画面下の方に目をやると、「ページ分析」という項目が新たに追加され、「基本的なSEO」「タイトル」「読みやすさ」の3つの大枠に沿ってページの採点を行っていることが分かります。

 

「読みやすさ」の項目に1つのエラーが発生していたので中を覗いてみると、「遷移語」という何やら見慣れない単語があって、これのせいでスコアが下がっているようでした↓

 

 

おそらく、あなたも筆者と同じような状況になったのだと思います。

 

今回は、All in One SEOにおける「遷移語エラー」の解決方法について解説していきますね。

 

結論を言うと、「つなぎの言葉」を意識して文章を組み立てていくことが解決の糸口になります。

 

 

遷移語とは?All in One SEOにおける解決方法

 

まず「遷移語」って何ですの?

 

まずは「遷移(せんい)語」という言葉の意味から調べてみることにしましょう。

 

移り変わること。移り変わり。
引用:Weblio辞書goo国語辞書

 

とりあえず言葉の意味は分かりましたが、これだけでは遷移語エラーの解決にはならないですね。

 

All in One SEOの「遷移語エラー」の意味とは?

 

All in One SEOのページ分析にもう一度目をやると、遷移語エラーについて「None of the sentences contain transition words. Use some.」と説明しています。

 

これを日本語訳すると、

 

どの文にも遷移語は含まれていません。 いくつか使用してください。

 

という内容になりますが、どうやら『遷移語が足りてねぇんだよ。もっと使えよ!』と言っているようです。

 

でも「移り変わること。移り変わり。」が足りないってイミフですよね?

 

実は、All in One SEOに表示されている「遷移語」とはこのプラグインが日本語訳した表記であり、最も近い意味にあったのが「遷移語」という言葉だったのに過ぎないのです。

 

じゃあAll in One SEOで言うところの遷移語って何なのか?と言うと、説明文にあるとおり「transition words」です。

 

Weblio英語辞書で調べると「転換語,つなぎの言葉」という意味だと分かります。

 

つまり、All in One SEOは『transition words(接続詞)が足りてねぇんだよ!』と言っているんですね。

 

「transition words」の例

 

transition wordsをテキスト内でもっと使うことで、「遷移語エラー」が解決できることは何となく分かってきました。

 

じゃあそのtransition wordsには一体何がある?が次の疑問ですよね。

 

transition wordsは英語ライティングにおいて、「論理的で、意味の伝わりやすい文章」を構築するのに重要とされています。

 

だからAll in One SEOでもそれをスコア得点の指標としているわけですね。

 

ということで、transition words(接続詞)の例をざっと纏めてみました。詳しくはウィキペディア(Wikipedia)|接続詞を参照してください。

 

  • そして
  • それに加えて、さらに
  • だから、なので、従って
  • 一方
  • 結局は、ついには
  • でも
  • しかし
  • その反対に、逆に
  • それにも関わらず
  • その代わりに
  • 例えば
  • つまり
  • ~といった、などの
  • まとめると
  • その結果
  • ということで

 

上記に挙げた例の他もまだまだありますが、ひとまずよく使われる・見かけるのはこの辺りかと思います。

 

【結論】つなぎの言葉を意識して文章を組み立ててみよう

 

結論は至って単純で、「そして」や「例えば」などの繋ぎ言葉を使って文章を構築していくことが「遷移語エラー」の解決方法となります。

 

しかし、All in One SEOの詳細なスコア基準は不明なので、繋ぎ言葉を多く入れてもスコアが伸びないこともあります。

 

内部的な採点基準はプラグインの知るところなので、あくまで参考程度に留めておくのが無難かと思われます。

 

もし遷移語エラーが出ていても、文章の構造にそれほど違和感が無ければ、エラーはある程度無視しても大丈夫というのが筆者の見解です。

 

ちょっと文章のつなぎが不自然かな?』と感じたら、先ほど挙げたtransition wordsの例を参考にして、繋ぎの言葉を入れてみてください。

 

 

まとめ

 

以上、All in One SEOにおける「遷移語エラー」の解決方法でした。

 

一応「文章に占める遷移語の割合がおおよそ30%以上」でエラーが収まるようですが、ほんと目安くらいでいいと思います。

 

それで文章が何かおかしくなったら本末転倒ですからね。

 

ちなみに、この記事のスコアでも遷移語エラーが出ています(笑)。

 

解決策を書いておきながら解決出来ていないという体たらく…。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

チャオ(・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です