【2021年度版】AII in One SEOでOPG設定する方法

チャオ(・∀・)♪

 

OPGとは「Open Graph protocol」の略称で、TwitterやFacebookなどのSNSでシェアされた際に、ページタイトル・URL・概要・アイキャッチ画像をカード形式にして見やすく表示させる仕組みです。

 

手動で設定するとそれなりに面倒くさいOPG設定ですが、SEO対策プラグインで有名な「AII in One SEO」を使えば簡単に設定できます。

 

AII in One SEOはVer.4.0.10にて内装がかなり様変わりしたので、2021年3月時点での最新版として解説をしていきたいと思います。

 

 

AII in One SEOでOPG設定する方法

 

AII in One SEO」をインストールした前提で話を進めていきますね。

 

メニュー欄のAII in One SEO項目から「ソーシャルネットワーク」を選択↓

 



 

ここから、FacebookとTwitterのOPG設定が行えます。

 

まずはFacebookから解説していきますね。

 

FacebookのOPG設定

 

上記タブをFacebookに切り替えると、FacebookでのOPG設定画面に移行します↓

 




 

「デフォルトの投稿画像ソース」にて、表示させるサムネイル画像の設定を行いましょう↓

 



 

「デフォルト画像」もしくは「アイキャッチ画像」のどちらで設定しておけば良いかと思います。

 

続いて、サイト名を設定します↓

 



 

Facebookの場合、「Facebook管理者ID」か「Facebook App ID」のいずれかを登録しないとOPGが表示されない仕組みとなっています↓

 



 

どちらで登録しても構いませんので、それぞれのIDの取得方法についてご紹介していきますね。

 

取得にあたって、Facebookにログインしておきましょう。

 

Facebook管理者IDの取得方法

 

Facebook管理者IDは、自分のFacebookページにアクセスすることで取得可能です。

 

個人ページにアクセスする手順は以下の通り↓

 




 

右上の▼をクリックして「自分のプロフィールを見る」をクリックします。

 

クリックした先のURLを確認してください。

 

URL末にある「id=○○」がFacebook管理者IDとなります。

 

後はこのIDをAII in One SEOのOPG設定に貼り付けるだけです。

 

Facebook App IDの取得方法

 

次にFacebook App IDの取得方法についてですが、管理者IDに比べて少し取得が面倒です。

 

Facebook for Developersにアクセスして、IDの取得をしていきます。

 

画面に従って登録を進めていきましょう。

 

アクセスをしたら、まずは「次へ」をクリック↓

 



 

続いて、メールアドレスを認証していきます。

 

Facebookのログイン情報がそのまま使われるので、「メールアドレスを認証」をクリック↓

 



 

最も当てはまる役割を選択するよう求められますが、IDを取得するための登録なので適当に選択して大丈夫です。

 

該当のものにチェックを入れたら「登録完了」をクリック↓

 



 

「アプリを作成」をクリック↓

 



 

ここも適当でいいのでどれか選択して「次へ」をクリック(ビジネス統合の管理で良いと思います)↓

 



 

アプリ表示名という項目が、あなたのサイト名です。

 

アプリの目的は「自分自身または自分のビジネス」を選択して「アプリを作成」をクリック↓

 



 

セキュリティチェックが入るので、無事に突破しましょう↓

 



 

これで登録は完了です。

 

左上に「アプリID:○○」が表示されていると思うので、これがFacebook App IDとなります。

 

後は、管理者IDと同じくAII in One SEOのOPG設定に貼り付けて終了です。

 

管理者IDもしくはFacebook App IDどちらか登録しておきましょう。

 

OPGのプレビューを見る方法

 

ちゃんとOPG設定できたかな?

 

という方は、「Facebook for Developers|シェアデバッガー」でプレビューが見られます。

 

ページのURLを入力して「デバッグ」をクリックすればプレビューが表示されます↓

 



 

読み込みがされない場合は、「もう一度スクレイピング」をクリック↓

 



 

これで最新の状態に更新されます。

 

TwitterのOPG設定

 

上記タブをTwitterに切り替えると、TwitterでのOPG設定が行えます↓

 




 

Facebook同様、「デフォルトの投稿画像ソース」にて表示させるサムネイル画像の設定を行いましょう↓

 



 

「Twitterカード有効化」をオンにして、各種設定を行ってください。

 

OPGのプレビューを見る方法

 

Twitterでは、「ラッコキーワード|OPG確認」を使うのが便利です。

 

プレビューを見たいページのURLを入力して「確認する」をクリックするだけです↓

 



 

 

Facebookも確認できますが、若干プレビューが異なるっぽいので「Facebook for Developers|シェアデバッガー」でも一応確認しておきましょう。

 

以上です。

 

まとめ

 

AII in One SEOがアップデートされるとまた色々変わる可能性はあるので、その時はまた追記するかしておきますね。

 

それでは。

チャオ(・∀・)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です