【初心者向け】重複コンテンツを回避するのに有効な対策3つ

ども、チャオ(・∀・)です!
今回は、重複コンテンツにならないための対策法3つについて解説していきます。

 

まず、重複コンテンツとは「タイトルや文章内容の似ているコンテンツが複数あること」です。

 

重複コンテンツは「コピーコンテンツ」とも呼ばれています。

 

コンテンツを多く作っていると、定型文を作って作業を効率化したり、似たようなテーマを扱ったりすることも多くなりますよね。

 

別にコピーをするつもりはなくても、どうしても重複コンテンツっぽくなってしまうことはあります。

 

しかしながら、Googleは重複コンテンツに対してペナルティを課しているので注意が必要です。

 

重複コンテンツの作成を避ける

 

ペナルティを受けないためにも、これからご紹介する3つの対策はぜひ覚えておいてください。

 

 

対策①:301リダイレクトをする

 

301リダイレクトとは、あるURLを恒久的に転送させることです。

 

主に「http://」から「https://」へSSL化させた時などに使います。

 

サイトやコンテンツを一新してURLが変わったので、前のURLでアクセスしてきたユーザーを新しいURLへ自動的にアクセスさせるようにしたい

 

こんな時に使うのが301リダイレクトです。

 

これは重複コンテンツに対しても有効です。

 

重複になると思われる旧コンテンツへのアクセスを新コンテンツに飛ばすことで、Googleからの重複コンテンツのペナルティを受けずに済みます。

 

301リダイレクトのやり方については、下記の記事で解説しています。

 

【サル真似でOK】特定ページの301リダイレクトの書き方+解除方法

 

 

対策②:canonical(カノニカル)を設定する

 

canonical(カノニカル)とは、重複コンテンツによるペナルティを回避するために用いるタグです。

 

似たようなページがあると、『どちらが正しいコンテンツなのか?』とGoogleは迷います。

 

そこでGoogleに対し、『内容は似ていますが、それぞれ独立したコンテンツです』と伝えたい時に、コンテンツにcanonicalを設定します。

 

canonicalは記事毎に手動で設定することもできますが、プラグインでの設定が最も簡単です。

 

やり方については、下記の記事を参考にしてください。

 

canonical(カノニカル)・正準URLとは?|プラグインで簡単に設定

 

 

対策③:noindexを設定する

 

noindex(ノーインデックス)とは、検索エンジンにコンテンツをインデックス(登録)させないことです。

 

コンテンツを人に見てもらうためには、検索エンジンにコンテンツを登録する必要があります。

 

当たり前の話ですが、そうしないと検索エンジンからユーザーがアクセスできなくなるからです。

 

そのインデックスをさせないのがnoindexです。

 

どんな時に使うのかと言うと、

 

  1. 記事のクオリティが低いため、検索エンジンに登録させたくないとき
  2. テストページなど、公開はするけどアクセスは特に必要ないとき

 

などです。

 

明らかにクオリティが低いと思われるコンテンツをインデックスさせると、検索エンジンからのSEO評価が下がる原因にもなり得ます。

 

重複と思われるコンテンツAとBのうち、どちらか片方のコンテンツをnoindexにすることでペナルティを回避することも可能です。

 

canonical同様に、noindexもプラグインでの設定が最も簡単です。

 

以下の記事を参考にどうぞ。

 

【ver.4.0.10】All in One SEOのnoindex設定のやり方

 

 

まとめ

 

重複コンテンツによるペナルティを回避させるためには、

 

  • 301リダイレクトをする
  • canonical(カノニカル)を設定する
  • noindexを設定する

 

とりあえず上記3つのうちどれかをしておけばOKです。

 

旧コンテンツへのアクセスを一切封じたいのなら、301リダイレクト。

 

重複に見えるけど、それぞれ別ページにあるコンテンツなので両方必要なときは、canonical(カノニカル)の設定。

 

検索エンジンにインデックスさせなければペナルティは回避できるので、とりあえず登録させたくないってときは、noindexの設定。

 

重複コンテンツの対策に関しては、301リダイレクトかcanonicalのどちらかで十分ですね。

 

まぁ、全てのやり方を覚えておいて損はないです。

 

状況に合わせて使い分けましょう。

 

それでは、今回はこの辺で。

 

ありがとうございました。

 

チャオ(・∀・)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です