人生は“誰に出逢うか”で決まる

「自分の年収は、日頃からよくつるんでいる友人や知人等の5人の平均年収で決まる」という言葉を聞いたことあるかもしれません。

 

つまり、周りにいる5人の平均年収が500万だったとした場合、そういう人達とよく一緒にいるあなたの年収も500万近くになるということです。

 

仮に500万だとすると、年収500万を「高い」と見るか「低い」と見るかは人それぞれですが、もし後者だったとしたら、現状の自分の人生に納得がいっていないかもしれませんね。

 

この話からおおよそ分かることは、自分の人生の“質”というのは、付き合う人・出逢う人の“質”で変わるということです。小さくても、影響はあるはずですよね。

 

とすると、例えば年収1000万を目指したいと思うならば、付き合う人を変えなければならないということにもなります。

 

以前に「あなたの人格はポジションによる影響を受けているかも?」という記事で書いたように、人はポジション(与えられた役割)による影響を強く受けます。

 

また、ポジションというのはグループの中にも存在し、冒頭の「自分の年収は、日頃からよくつるんでいる友人や知人等の5人の平均年収で決まる」というのがまさにそれです。

 

そのポジションに所属している限り、年収500万からの脱却は難しく、仮に年収1000万を目指しているならばその達成も難しくなるということです。

 

金持ちがさらに金持ちになる仕組みは、周りにいる人達がお金持ちだらけだからです。

 

お金持ちのポジションに所属しているからこそ、自然とお金が集まるような立ち振る舞いをするようになり、結果的にお金持ちになれるのですね。

 

反対に、いつまで経っても貧困から脱却できないでいる人達は、付き合っている人間関係にも問題があると言っていいでしょう。

 

運命的な出逢いによって人生が大きく変わる人達がたくさんいるように、人生というものは良くも悪くも、出逢う人によって変わるものだと感じます。

 

詐欺師がいつの時代でも生まれてしまうのは、詐欺師と出逢ってしまった人間が大勢いるからだと思います。

 

これは「誰を人生のメンター(師匠)として選ぶか?」という問題であり、詐欺師をメンターとした人間は詐欺師になります。

 

もし詐欺師になってしまった人が最初に出逢ったのが警察官だったとしたら、悪の世界ではなく正義の世界を選んでいたかもしれないですよね。

 

結局のところ、「誰と出逢うか?」は人生において非常に深いテーマになると思っています。

 

拳銃を正しく使える人と出逢うのか、間違った拳銃の使い方をする人と出逢うのか。

 

出逢いって奥深いですよね。

 

それでは、今回はこの辺で。

 

ありがとうございました。

 

チャオ(・∀・)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です